【特定】臼杵市の機器製造工場はどこ?事故状況がありえない、おかしいと殺到…

2022年11月9日、大分県臼杵市で鉄板の下敷きになり、25歳の男性会社員が死亡してしまう事故が発生しました。

800キロもある鉄板が倒れてしまったようですが、その工場はどこなのでしょうか?

調査していきたいと思います。

目次

【大分県臼杵市】鉄板の下敷きになり、25歳会社員が死亡

大分県臼杵市の機器製造工場内で、重さ800キログラムもある鉄板が倒れて下敷きになってしまい、死亡する事故が発生しました。

亡くなったのは、臼杵市福良の会社員、山口祐紀さん(25)です。

事故当時、山口祐紀さんは穴あけ作業をするために、鉄板の位置を調整した際、鉄板が倒れてしまい下敷きになった模様。

鉄板は縦1.5m、横2.5m、厚さ3cmで、重さはおよそ800kgあった様子。

おそらく、鉄板を壁に立てかけて穴あけ作業しており、鉄板が倒れてしまったのではないかと思います。

実際に、大分県臼杵市福良はこちらになります。上臼杵駅周辺は工場にはいくつか工場が発見されました。

 

通常、複数人で行っていましたみたいですが、事故当時は山口さんしかいなかったとのこと。 

山口さんは臼杵市内の病院に意識不明の重体で搬送されましたが、事故からおよそ2時間後に死亡が確認されました。

【事故】臼杵市の機器製造工場は一体どこ?

ここから先はあくまで予想になります。

実際に事故が発生してしまった工場はどこなのでしょうか?

大分県臼杵市福良にある機器製造工場を調べてみました。

1. 株式会社アムコー・テクノロジー・ジャパン

2.仲谷マイクロデバイス株式会社

どちらも電子部品製造業者みたいでした。

実際にはどこで行われたか、まだわかりませんので、分かり次第更新していきたいと思います。

世間の声

鉄板が倒れるというのがまずわからないな。位置を調整するにしても、倒れないように準備するのは基本中の基本。 鉄板が倒れると言うこと自体が安全作業の観点からしておかしい
この手の事故は調べてみると過去にも何件も起きている。結局は社内の安全管理やマニュアルが存在しなかったり遵守されてないことがほぼ原因。 確かに面倒だなと思うことが多いが日本のマニュアルって過去に前例があるから増えてくので、どんなに面倒だったり時間が無くても命よりも大切なモノは無いので工場、現場勤務の方々は気をつけてください。
まず、一人で行ってはいけない作業を何故一人でやっていたのか。 そして、倒れる危険性のある作業を、安全措置をせずに行っていたのか。 問題点はかなり多そう。

 

 

 

 

スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA

目次